イベント情報

■ 第23回 三重県洋画協会展  《2019/7/2〜7/7 三重県総合文化センター》

2019/5/5

NPO法人三重県洋画協会が主催する三重県内に在住する洋画家の作品展です。
洋画協会の会員には、理事によって推薦され、運営委員会で承認されることが条件になっており、一定のレベルを要求されます。
約140人の会員が一人1点出品します。
三重グループからは、追田清、徳永洋子、木下みゆき、太田昌文が出品します。

▲このページの先頭へ

■ 四日市アート展2019  《2019/6/7〜6/9 四日市市文化会館》

2019/5/5

四日市市に所縁のある文化芸術分野での実績をもつ作家による総合アート展です。
洋画、日本画、書、写真、華道、盆栽、工芸、立体と幅広い分野の作品100点以上を一堂に展示。
特別展示として、もとまち芸術予備校生徒の作品展示や、や高校生作品公募による四日市アート展大賞も。
三重グループからは、追田清、木下みゆき、太田昌文が出品します。

▲このページの先頭へ

■ 第90回 第一美術展  《2019/5/29〜6/10 国立新美術館》

2019/5/5

第一美術協会の主催する本展です。全国規模の公募展で、今年は90周年記念展になります。
第一美術協会の会員、準会員、一般公募あわせて500点以上の展示となり、作家の一年間の研鑽の結果を披露します。
三重グループも全員が出品します。

▲このページの先頭へ

■ 第7回 特別企画 丘の会展  《2019/5/20〜5/26 鈴鹿市市民ギャラリー》

2019/5/5

追田清が主宰する「丘の会」の特別展。会員が過去に描いた作品の中から自信作を1人1点出品します。
8:30〜17:15(初日は13:00〜、最終日は〜15:00)。
三重グループからは、追田清、木下みゆき、樋口芳子、今津紀代美、増井美鈴が出品します。
太田昌文も賛助出品します。

▲このページの先頭へ

■ 2019年 第一美術 選抜作家作品展  《2019/3/8〜3/15 東京都美術館》

2018/12/24

第一美術協会90周年を記念して、今後活躍を期待する中堅作家の作品展です。
1人が壁面7m程度を出品します。全国の会員から選抜された絵画6名、工芸1名による内容の濃い展示です。
9:30〜17:30(初日は14:00〜、最終日は〜14:00)。
三重グループからは、太田昌文が出品します。

▲このページの先頭へ

■ 第一美術 中部支部春展 2019  《2019/2/5〜2/11 ノリタケの森ギャラリー(名古屋)》

2018/12/24

第一美術協会 中部支部所属メンバーによる小品展です。毎年1回開催。
1人が2〜3点(壁面1.5m程度)出品する小品展ですが、中部支部のメンバーがほぼ全員出品しますので、具象画から抽象画までバラエティに富んだ展示内容です。
10:00〜18:00(最終日は〜16:00)。

▲このページの先頭へ

■ 2019 鈴鹿亀山まちかど博物館展 in 鈴鹿ハンター 《2019/2/23〜2/24 鈴鹿ハンター》

2018/12/24

今回は、ノスタルジーをテーマに、鈴鹿・亀山のまちかど博物館館長さんが郷愁を感じさせる品を持ち寄り展示します。
追田清のフリーギャラリー、太田昌文のギャラリー空木もまちかど博物館として作品展示で参加します。
また、恒例の似顔絵コーナーでは、木下みゆきが腕を振るいます。
9:00〜19:00(最終日は〜17:00)。

▲このページの先頭へ

■ 第10回 新春ポン・デ・ザール展  《2019/1/3〜1/11 ノリタケの森ギャラリー(名古屋)》

2018/12/24

中部地方で活動する、会派を超えた「美術家集団ポン・デ・ザール会」の新春展です。
通常は愛知県美術館で夏に行いますが、今回は美術館の都合もあり、ノリタケの森ギャラリーでの開催です。
会員それぞれが50号サイズ1点と小品1点を展示します。小品は販売もします。
三重グループからは、太田昌文が出品します。
10:00〜18:00(最終日は〜16:00)。

■ 第一美術 中部支部春展 2018  《2018/2/20〜2/25 ノリタケの森ギャラリー(名古屋)》

2017/12/26

第一美術協会 中部支部所属メンバーによる小品展です。毎年1回開催。
1人が2〜3点(壁面1.5m程度)出品する小品展ですが、中部支部のメンバーがほぼ全員出品しますので、具象画から抽象画までバラエティに富んだ展示内容です。
10:00〜18:00(最終日は〜16:00)。

▲このページの先頭へ

■ 2018 鈴鹿亀山まちかど博物館展 in 鈴鹿ハンター 《2018/2/24〜2/25 鈴鹿ハンター》

2017/12/26

今回は、昭和レトロをテーマに、鈴鹿・亀山のまちかど博物館館長さんが懐かしい昭和の品を持ち寄り展示します。
追田清のフリーギャラリー、太田昌文のギャラリー空木もまちかど博物館として作品展示で参加します。
また、恒例の似顔絵コーナーでは、木下みゆきが腕を振るいます。
9:00〜19:00(最終日は〜17:00)。

▲このページの先頭へ

■ 第24回 ポン・デ・ザール展  《2018/1/3〜1/8 ノリタケの森ギャラリー(名古屋)》

2018/12/26

中部地方で活動する、会派を超えた「美術家集団ポン・デ・ザール会」の年1回の本展です。
通常は愛知県美術館で夏に行いますが、今回は美術館の都合もあり、ノリタケの森ギャラリーでの開催です。
100号サイズを中心に約30点を展示します。
三重グループからは、太田昌文が出品します。
10:00〜18:00(最終日は〜16:00)。

▲このページの先頭へ